社団概要・スタッフ・報道など

事業目的・役員等

団体名称
一般社団法人 あすびと福島

目的
  1. 長期を要する福島の復興を担う人材の育成と輩出
  2. 再エネ先駆けの地を目指す南相馬・福島に向けた普及啓発
  3. 人々の交流による南相馬・福島の信頼回復と新たな誇りの醸成
事業内容
  1. 南相馬ソーラー・アグリパークでの小中学生向けの体験学習の企画・運営
  2. 福島県内の高校生を対象とした社会起業塾の企画・運営
  3. 福島県出身の大学生を対象とした社会起業塾の企画・運営
  4. 前2項に掲げる高校生、大学生による社会的事業の立ち上げ支援
  5. 福島県内の再生可能エネルギー発電所などでの体験学習の企画・運営による再エネの普及啓発
  6. 南相馬ソーラー・アグリパークでの地域住民や全国からの来訪者の交流についての企画・運営
  7. 企業・団体を対象とした社員・職員研修の企画・運営
役員(無報酬)
  • 代表理事 半谷栄寿
  • 理事 住谷栄之資(キッザニア運営会社・KCJ GROUP(株)社長)
  • 理事 須網隆夫(早稲田大学法科大学院教授)
  • 理事 及川友好(南相馬市立総合病院副院長)

 

代表理事の略歴

代表者名:半谷 栄寿(はんがい えいじゅ)

1953年
福島県南相馬市小高区生まれ。小高小学校・小高中学校卒業。
1972年
仙台一高卒業。
1978年
東京大学法学部卒業、東京電力入社。
1989年
総務部文書課副長、東電社内の古紙リサイクルに取り組む。
1991年
環境NPOオフィス町内会を設立し以降代表を務め、森林の健全化にも取り組む。
1996年
(株)Jヴィレッジ取締役企画営業部長。
2000年
マイエナジー(株)取締役副社長。
2005年
東京電力事業開発部長。
2008年
同社執行役員。
2010年
同社執行役員を退任。
2011年3月
南相馬に東京から支援物資を運ぶ。
2011年9月
福島復興ソーラー(株)代表取締役。
2012年4月
一般社団法人福島復興ソーラー・アグリ体験交流の会 代表理事。
2016年1月
一般社団法人「あすびと福島」に名称を変更し、代表理事。

主なあゆみ

2013年3月
南相馬ソーラー・アグリパークを官民一体で完成。市有地に太陽光発電所とオリジナルの体験装置を建設。
植物工場は南相馬市が建設。
2013年4月
小中高生の「自ら考え行動する力」を育むため、
再エネをテーマとした体験学習を南相馬ソーラー・アグリパークで開始。
2014年2月
企業・団体の社員研修を南相馬ソーラー・アグリパークで開始。
2014年5月
高校生を対象として社会的な課題解決に取り組むオープンスクールを郡山市で開講。
2014年5月
福島空港メガソーラーで小中高生を対象とした再エネ体験学習を開始。
2015年4月
高校生のオープンスクールから生み出した最初の社会的事業として、
「高校生が伝えるふくしま食べる通信」を創刊。
2016年1月
南相馬ソーラー・アグリパーク内に新たな交流施設建設の補助金決定。

スタッフの紹介

主な表彰・報道