代表理事 あいさつ

あすびと福島への想い 代表理事 半谷栄寿

私は、大震災前の2010年6月まで東京電力の執行役員であり、
原子力事故について心から申し訳なく思っています。
5  8

一方、福島県南相馬市の出身でもあり、
風評被害に悩む南相馬市に支援物資を届ける ボランティア活動を
大震災直後の3月19日から5月にかけて6回にわたって行いました。
その際、物資を届けた先で出会った菓子店を営む女性から、
「地元の子どもたちのためになる仕組みを創ってほしい」と託されました。
私自身も、物流が回復すれば物資支援の役割は終わることから、
その後は復興のための継続的な仕組みが不可欠と思っていました。
福島の復興を担う人材を育成するという私の”志”は、
こうして生まれました。

福島が前のように、いや前にも増して輝くには、
まだまだ長い時間がかかります。
そして、この挑戦には、多くの力が必要になります。
私たちの”志”は、この土地の若者とともに走りながら、
<福島型のアントレプレナー>を育ててゆくこと。
課題解決のために、自ら考え、自ら行動できる。
仲間をつくり、事業を起こすことができる。
そんな若者が次々と生まれ結果を出していける日を、私たちは思い描きます。
自立した彼らは周囲の憧憬の対象となり、あとに続く子どもたちも増えていく。
この”憧れの連鎖”こそ、福島の未来を拓く原動力になるのだと思うのです。

人をつくることが、明日をつくる道。
“あすびと福島”は、その挑戦を続けます。