0802_新渡戸文化中学校1・2年生8名のスタディツアー

  • 小中学生
  • 2022.9.27 Tue
IMG_202209011009490

被災地で前進する「光」に触れ、自分と社会の未来に向き合う1日

 

8月2日、東京の新渡戸文化中学校から中学生8名が南相馬を訪れました。

 

この日のテーマは「未来に向かって進む南相馬市の体感」

 

まずは鹿島区にある広大な太陽光・風力発電所に向かいます。

 

一面に広がる太陽光発電所を車内から体感した後、沿岸部に立つ風力発電所の真下でその迫力を体感。

 

風車が風を切る音を聞きながらエネルギーの未来について考えました。

 

IMG_2702_Moment IMG_2705_Moment

 

 

あすびとパークに到着してからはドローンで写真撮影の体験。

 

生徒たちが2チームに分かれて話し合い、ドローンだからこそ撮れる写真の撮影にチャレンジします。

 

上空高く飛ばして海を撮影したり、人文字を作ったりと笑顔で体験をしてくれました。

 

IMG_2787_Moment IMG_2772_MomentIMG_202209010938470

 

 

2チームが個性を光らせた写真を発表した後は、実際にドローンを使った事業に取り組んでいる「TERRA  LABO」の南相馬拠点を見学。

 

自分たちが楽しみながら体験した「ドローン」が災害対応など社会で大きな役割を持ち始めていることを知り、

生徒たちは目を輝かせていました。

 

IMG_2859_MomentIMG_2844_Moment

 

 

再びあすびとパークに戻った後は、今日1日で体感して感じたことを基に、自分と社会の未来に向き合います。

 

将来、自分たちの社会はどうなっていてほしいか、自分自身はどうなっていたいか。

 

普段、あまり考える機会がない問いですが、みんな真剣に向き合ってくれました。

 

IMG_2875_Moment IMG_2895_Moment

最後は全員が自分の言葉で、在りたい自分と社会の未来について発表します。

 

302163319_778612443260727_8180365745481407547_n

 

1日のプログラムを終えた生徒のみなさんには、記念の植樹もしてもらいました。

 

IMG_2922_Moment

 

生徒たちにとってこの日の経験が、自分の社会の未来を考える一つのきっかけになればうれしい限りです。

 

 

関連記事